高槻の便所からこんにちの話

みなさま、こんばんは。

 

いきなりですけど、

高槻駅のトイレで吐いてます。

 

f:id:kosuke19880801:20191012230554j:image

 

f:id:kosuke19880801:20191012230550j:image

 

吐いた後の便器は控えますが、

オロロロいきました。

 

ことの経緯を話しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は大学の後輩、こうすけの結婚パーティーでした。

 

17時からの神戸三ノ宮のパーティーに備え、

 

13時から飲んでたぼくです。

 

結果、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪駅を寝過ごして高槻のトイレで吐いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝過ごしてから30分ほどでしょうか。

 

あれ?

 

そろそろ梅田かな?

 

と思ったら余裕の高槻。

我ながら終電間際の攻防にビビりました。

 

でもね、言い換えれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それほど、ええ時間やった。

 

最高の、結婚パーティーやった。

断っとくけどおれは決してパリピではない。

 

そゆ人間を毛嫌いしてるけども、でも、よかった。

愛のある空間やった。

 

梅田を寝過ごして、家に帰る時間は1時間以上遅れるけども、

高槻なんて地でひとりアルコール吐き出してる自分ですけども、

 

十分、幸せな時間やった。

 

思い返せばこいつとは大学のときから、かれこれ8年以上の付き合いで、

 

 

 

 

 

 

 

 

クソ。

死ねばいいのに。

幸せなリア充野郎が。

 

 

 

 

 

 

 

 

思い返せばこいつとは大学のときから8年の付き合いで、

 

一緒に北九州の小倉まで、ヒッチハイクでレースした仲であるけども、

 

汚くて汚くて、

 

汚くて汚くて汚くて、

 

愛すべきバカ。

 

汚くて愛すべきバカ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以上、こいつを表す称賛の言葉はない。

 

そんなお前を、おれは心から愛する。

 

誰がなんと言おうとおれはお前を愛する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高槻の便所から。

最大級の愛を込めて。

 

こうすけ、ほんまにおめでとう。

これからも幸せにな。

幸せな時間をありがとう。

 

f:id:kosuke19880801:20191012232119j:image

 

 

 

三日後に追記

 

書いたことをあんまり覚えてない。

酔ったときのおれの笑いレベルはこんなもんなんかと思って、恥ずかしくなる内容。笑

 

でもこれもおれの一部やから消さんけど。