大きな絵が見えた話

けんたろうに福本さんを紹介してもらう。

 

不動産ベンチャーで上場目指してる5期目の経営者。

 

不動産にありがちなギラギラ感がまずない。

 

それだけで不思議。

 

なにより『仕事は部活』という感覚に深く共感してくれた。

 

おんなじ感覚を持ってる経営者と初めて会えた気がする。

とても嬉しい。

 

福本さんは言った

 

『より部活を楽しむために必要なことは高い志だ』と。

 

それは全くその通りだ。

 

大阪桐蔭はいまや甲子園で優勝することが前提のチームになった。

 

それは甲子園出場ではなく、甲子園優勝を目標に掲げ、

 

同じ志を持つ仲間を集めたからだ。

 

 

 

 

 

 

 

おれは上場するつもりもないし、

 

社会を変革しようとも思ってない

 

ただ心から願うのは、自分の人生を楽しみ切ることのみ。

 

 

 

 

 

そう書くと、尖ったように見えるけど、そうじゃない。

 

圧倒的に優しくて、圧倒的に愛のあるチームをつくりたいんや。

 

そのほうが部活ならおもろいから。

 

 

 

 

 

 

いろんな縁が重なり、ふと降りてきたビジョン。

 

『恋愛のリーディングカンパニー』

 

おれはこれを部活メンバー全員で実現したい。

 

あくまでも、事業のひとつである。

でも他の事業は焼肉なり、キャンプなり、ゲストハウスであり、花屋であり。

 

これらは良くも悪くも娯楽であり、ぶっちゃけおれじゃなくても出来る。

 

でも恋愛のリーディングカンパニーつくろうとしてるのはきっと日本で唯一無二。

 

 

 

 

 

鶴太郎師匠は言う。

 

『心の中にある音色は、自分にしか表現することはできない』と。

 

恋愛のリーディングカンパニーをつくり、恋愛とか、出会いとか、性とか、結婚とか、夫婦関係とか、そーゆーものを本質的に解決していきたいと思う。

 

いや、解決していくってのは適切じゃない。

 

悩める人が、

 

『自分らしい答え』を出せるような情報やサービスを提供し続けていきたい。

 

それがおれの心の中にある強い音色。

 

 

 

 

 

 

学生インターン5人と鳥貴族にいってきた。

 

まぁ決起会的なね。

 

会の最後にこんな話をみんなにした。

 

『孫さんは、まだ社員が1人か2人とバイトだけしかいないとき、みんなの前でみかん箱の上に立ち、これからこの会社は、世界を代表するIT企業となり、豆腐を一丁二丁と数えるように、お金を一兆二兆と数えるような、大きな影響力のある事業会社になります。と熱弁した。』

 

当時の社員は理想と現実とのギャップに信じられずバカにしたそう。

 

でも孫さんにとってその理想は、必ず実現する確定した未来なんや。

 

続けて伝えた。

 

『いまはまだちっちゃなメディアを運用してるだけのチーム。でも近いうちに恋愛のリーディングカンパニーになります。

 

リーディングカンパニーというのはわかりやすくいうと先駆者みたいな意味で、例えば「ファストファッション」と聞いてユニクロを思い浮かべるように、「日本車」と聞いてトヨタを思い浮かべるように、「連絡ツール」と聞いてLINEを思い浮かべるように、そのキーワードで多くの人がパッと連想する会社のことです。

 

なので、恋愛や婚活や夫婦関係や性について聞いた時、多くの人がこの会社のことを思い浮かべるようになります。それがこれから目指すビジョン。そんな会社をつくっていきます。

 

そこを目指したら、スピードも、規模も、仕組みも、今は正直なにもかもが足りてない。でもきっと実現できると思う。おれには孫さんみたいに頭が良くないし、孫さんみたいに人を惹きつける魅力もないけど、孫さんに負けないくらいの熱量がある。おれがこのジャンルで突き抜けることで、もっと日本全体を幸せにできる確信がある。だからきっとできる。なので力を貸して欲しいです。』

 

そう伝えた。

孫さんのこの話に出会ったのは、おれがバックパッカーとして一人旅に出たちょうど10年前のこと。

 

そんときはこの人すげーなぁ、、

て遠い存在でしかなかったけど、いろんな経験を得てやっと、同じような感覚になれたことがすごく嬉しい。

 

おれはやっぱり、なにかをみんなで目指すのが大好きなようです。

 

好き好き好き好き好きっ好きっ

あっいーしてーる。

 

 

でも緩い自分も好きよ。

ずっとふざけ倒したいし、

なんなら海で毎日chillしときたい。

 

でもな、どっちかでなく、どっちの自分も大きいからもうどっちもやるしかねぇ。

 

パッションのあるおれは、恋愛のリーディングカンパニーをつくり、

 

緩い自分は娯楽の事業をまわす。

 

goodlifeはそんな大きく分けると二重人格のおれをそのまま法人化したような会社や。

すんません、、

 

自分の描ける絵のスケールが一段階上がった感覚がある。

それはすごく嬉しい感覚。

 

でもなにかを目指せば目指すほど、本当に大切なものは見えなくなる。

 

だから今よりも人生のバランス感覚が求められるからがんばらないと!

 

でも今度こそは大丈夫やとも思う。

手帳を開けばこいつが顔を覗かせる。

f:id:kosuke19880801:20181006234927j:image

 

ミッキーがいつも原点に立ち返らせてくれる。

幸介にとって本当に大事なことはなに?

本当にその道で合ってる?

っておれにいつも問いかける。

 

2018年2月9日。

東京にいて、おれはミッキーの死に目に立ち会えなかった。

電話でおかんが中継してくれた。

泣きながら『ミッキー!ミッキー!』と声をかけ続けるおとんとおかんに対して、おれはその様子を想像することしかできなかった。

 

生き絶えたとき、おとんもおかんも嗚咽して泣いた。

おれも嗚咽して泣いた。

遠く離れた東京の地で。

 

なぜ、おれはここにいる。

なぜ、おれはここにいる。

なぜ、おれはここにいる。

なぜ、おれはここにいる。

なぜ、おれはここにいる。

なぜ、おれはここにいる。

 

繰り返し繰り返し、何度も何度も自問する。

答えなんかでないのは頭ではわかっているけど、

今思えば何かしら言い訳をつくることで楽になりたかったのかもしれない。

 

過去の自分の選択を、あれほど呪ったことは後にも先にもない。

 

あのときの辛さ苦しさ。心の痛み。

どこにもぶつけようのない感情が身体の中を壊しながら駆けずり回る。

 

今も色褪せることなく、脳裏に焼き付いて離れない記憶。

 

 

 

 

 

 

だから、だから大丈夫。

どこに向かおうと大切なものは見失わない自信が今のおれにはある。

 

死んでなお、おれの中で生き続ける、愛情深い弟よ。

兄はお前から、『人生を楽しむために最も大事なこと』を教えてもらい、今でも大切にしているよ。

 

とか伝えても、きっとお前はお菓子に夢中なんやろうけど。

 

でもただただ変わらず、いつも笑顔で迎えてくれる人(お前は犬やけどさ

)がいるだけで、どれだけ人生に勇気が持てて、どれだけ前向きになれるだろう。

 

お前のおかげでおれは、いつだって地に足をつけることができてるよ。

だからこれからもちょっとだけ背伸びして、もっと遠いところにチャレンジしてみようと思う。

 

できるかどうかは正直わからんけど、きっとできるとは思う。

 

本当に大切なものさえ見失わなければ、人は道を間違うことなんてないし、安心してチャレンジできるから。

 

ああ

 

 

ミッキーに会いてーなぁ。