心を整える話

空が広いとこでコーヒー飲む

 

これが最近、

いちばん心が整う行動。

 

自分がなにかに対して向けている

評価や感情、

それが乱れると良くない。

 

まず、いい判断ができない。

そういうときの選択は120%ネガティブだ。

 

あと、集中できない。

そういうときの頭は

心配事で支配されている。

 

そういうものを手放す。

 

いや、自然に手放せる。

 

のほうが正しいのかもしれん。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の小ささを、

地球の一部にすぎないと、

人間社会の一部にすぎないと思える

 

自分のいま抱えている

悩みや葛藤が

ちっぽけなことだと

思い出させてくれる。

 

だからおれは

空が広いところが好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

空が広いことに加えて、

 

コーヒー

好きな音楽

いい感じの日光

グダグタしゃべれる人

 

がいればなおよし。

 

 

 

 

 

 

 

 

あぱぱぱぱ

 

さておうちに帰ろう。

 

 

 

 

 

 

 

ほんまに

世界は9割のどうでもいいことと、

1割な大切なことだけで出来ている。

 

どうでもいい9割のほうを、

大切なことだと思い込んでる人が多いけど、

 

そういう人は

ほんとに大切なものを

失ってからはじめて気づく。

 

それはなにより

おれがそうやったから。

 

ほんとうに大切なものを知り、

それだけを大切に生きるならば

あとのすべてはどうでもいいと

気づけるはずなんやけどなぁ

 

結局、

大切なものを失ったことがない人には

口で言ってもわからんのやろうの。

 

さて、

おれは今日も今日とて生きる。

 

人生はどこまでいっても

『今日』の連続でしかないから。

 

今日も今日とて楽しもう。

 

すべての出逢いと出来事に感謝して。

 

理想の未来へ

今日も一歩前に進める。

あと10日くらいで32歳になるから、

31歳が人生でいっちゃん楽しかったって言えるよう、

この10日も必死に生きる。

 

そうやって

自分の人生を生きてる人は

みんな若い。

 

おれも32になっても

20代後半くらいにみられたい笑

中身の半分は女子やからね

 

泥臭く、

やるべきことを淡々と。

 

さてさて、かえろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁーーーーー

 

海の目の前の平屋に住みてぇなぁ。