山﨑ゼミを終えた話

4回だけやったけど

山﨑さんのゼミを終えた。

 

最後はプレゼン。

トップバッターで

ただただ愛を叫んで

きっと誰にも届いてない笑

 

でもいい。

自分のためにプレゼンして

自分は納得いってるから。

 

ゼミに参加して

何か変わったことは

特にないけど

 

誰もおれの言ってること

理解できてないのが

逆に自信になった。

 

理解なんて

されなくていい。

 

周りにいる人に

基準を置いた瞬間に

すべてはチープになる。

 

おれが基準を置くべきは

鶴太郎さんだし

宮崎駿だし

井上雄彦だ。

 

おれのアウトプットは

師匠たちならなんて言うか。

 

その基準でGOを出してる。

だし、その基準を知るために

3人のことを研究してる。

 

いま一番興味があるのは

宮崎駿が

34歳の時に何を考えて

アニメをつくってたか、だ。

 

師匠たちを

自分の歳に置き換えると

判断基準の参考になるし

自信にもなる。

 

 

 

 

 

 

 

くわぁ

しんどい。

 

帰って寝るかー

今日も月がきれいだ。