続すごい人の話

大谷翔平がすごいのは

彼が競争社会(プロ野球)の

ど真ん中にいるにも関わらず

そんなところで戦ってないからだ。

 

記録に興味がない。

=他人の評価で生きてない。

 

大谷翔平は

子どもの頃から変わらず

『野球の高み』を

一人目指し続けている。

 

だから

記録には興味がない。

それは彼にとってはきっと

高みを目指したときに

自然についてくるものなんだろう。

 

ただ、それと同時に

チームスポーツというものは

明確に勝ち負けが存在し

勝たないと楽しくないから

チームとして勝ちたいと願ってる。

 

そして

チームに貢献するための

最も自分に合う方法も

きっと『野球の高み』を目指すことなんだ。

 

すごい。

ほんとうにすごい。

 

そりゃ結果出るし、

記録も出るわ。

 

でもそれは

決して記録を求めたわけではなくて

野球の高みを目指す中で

当たり前のように出てくる

目の前の高い壁に

 

真摯に、

一生懸命に、

向き合い続けてるからだ。

 

誰にでもできることを

毎日

毎日

 

毎日毎日毎日毎日

 

毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日

 

ただ

積み上げていく。

 

そんなこと

言うのは簡単やけど

誰にでもできることではない。

 

なぜそれができるか。

 

それが姿勢だ。

野球というスポーツを

自分の成長を

純粋に楽しむ姿勢だ。

 

イチローは言った。

『楽する』ことと

『楽しむ』ことは違う。

 

高みを目指して

毎日毎日毎日毎日

一生懸命に取り組み

結果が出て努力が報われるときの

あの楽しみに勝てる楽しみは

人生にはほとんどないんだ。

 

そういう楽しみを知らない人は

『ラク=楽しい』

と捉えているし

そーゆー人の方が圧倒的に多い。

 

でも

そんなやつに勝てるわけがない。

見てるところが

目指してるところが

戦ってるところが

そもそも違うんだから。

 

ライバルは他人ではなく

過去の自分であり

昨日の自分。

 

ただひたすらに

新しい自分に挑戦していく。

 

そういう話をすると

きっとほとんどの人はこう言う

『大谷くんだからできたこと』

 

ちがうちがう。

それは

大谷翔平が言うように

『誰にでもできること』

なんだよ。

 

彼がすごいのは

『今』はもちろんなんやけど

今にいたるまで

野球をはじめた小学生のころから

『姿勢を変えずに』

『積み上げてきた』

ことなのよ。

 

今年出した結果なんかよりも

今年に至った

プロセスのほうがよっぽどすごい。

 

 

 

 

 

 

 

 

いまはだから

会社のマインドを詰めて考えてる。

 

仕事の結果は問わない。

でも『姿勢』は違うよな。

 

『姿勢』がない人間には

なにを言っても刺さらないし

そんな人間とは

一緒に働きたくない。

 

だって楽しくないから。

ラクしようとしてる人間と

楽しもうとしてる人間は

交わることはないから。

 

やっぱそうだよな。

姿勢がない人間とは

一緒にやれない。

 

姿勢なんだよ。

それは

会って話せばわかる。

 

姿勢は目に宿し、

言葉や態度に表れる。

 

そうなんだよなーー

大谷くん、ヒントをありがとう!

 

大谷くんは

新しい師匠入りしそうだな。

 

そうだな。

マインド、とは姿勢であるべきだ。

カンパニーデックづくりに戻る。

 

今日も

おれはおれの

今できることを全力で。

今日も一生懸命積み上げる。