ショックな話

川田さんが社員じゃなくて

契約とか外注にできないかと話があった。

 

これは正直、ショックだ。

 

川田さんは何一つ悪くない。

 

悪いのは

社員になる価値を感じさせることができない

会社の不完全さ、不安定さにある。

 

申し訳ないと思う。

まっすぐ正直に、ごめんねと思う。

 

 

 

 

 

 

 

はぁ、ショックだ。笑

 

でもこれでいいと思う。

 

おれは誇張しない。

 

等身大をすべて出すし

等身大をすべて伝える。

 

おれはメンバーを従えたくない。

 

メンバーひとりひとりが

本当に望んで参画する会社にしたい。

 

おれは妥協しない。

絶対に。

 

 

 

 

 

 

 

ショックではあるけど、

できてることを確認する。

 

3年前はまだ

会社のスライドもなかった。

 

文字通り、何もなかった。

 

友達を会社に誘っても

誰一人乗ってくれる人はいなかった。

 

会社の企画書をつくり

マリーをつくり

ピントをつくり

カラーズをつくり

モックをつくり

 

ようやく事業として回り始めた

 

だから川田さんは

まだ安定もしてないこの会社に

乗ってくれたんだ。

 

でも

いざ本格的に社員になるかとなったときに

デメリットしかなかったから

そうなったんだ。

 

ほんとうにありがたい。

いまあるものではなく

会社の未来に対して

 

時間と労力を割いてくれてることに

心から感謝する。

 

がんばろうと思う。

心からかんばりたいと思う。

 

『やっぱり社員にしてもらえますか?』

 

おれはその一言が聞きたい。

 

外注でもなく

契約社員でもなく

社員になりたい

 

信頼できるメンバーが

心からそう思える環境づくりを

なんとしてもがんばろうと思う。

 

絶対できると思う。

絶対にできるよ。

 

今年はカラダをテーマにしてよかった。

 

おれの人生の中で

唯一カラダだけは

 

何度チャレンジしても出来たことなかった

 

まだ3月頭やけど、

確実に毎日、毎週、毎月、

ベストボディに近づいてる。

 

おれはできる人間だ。

反面、おれはできない人間なんだよ。

 

おれは自分の弱さを痛いほど知ってるし、

そこから目を背けない。

 

だからいつだって

強い自分になろうと努めてるし

そこに対してはがんばるんだ。

 

おれの

おれという生き方が

おれの知らないところで

誰かの生きる勇気になればいいと思う。

 

まっすぐ生きよう。

今日も変わらず。

 

ありがとう

ありがとう

 

待っとけよーーーー

 

社員にしてもらえますか?

 

を絶対に言わせてみせる!

別に無理に言わせたくないんやけど笑

 

確実に励みになる

 

ありがとう

 

まだまだだな、ほんとに

 

ありがとう

 

現在地をあらためて確認できたよ。

 

おれ、がんばるよ。

これからも引き続きよろしくお願いします。

 

よし。

あと3時間シャカリキ仕事して

今日も今日とてランニングしよう。

 

今日は今年一番の10キロチャレンジしてみようかね!

 

がんばろう。

おれにはがんばる理由がたくさんある。

 

本当にいい人生だ。

 

ありがとう

ありがとう

 

すべての出会いと出来事に感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜に追記。

 

よしゃーーーー!

10キロ走った!!!

 

苦しみによく耐えて

今日も今日とてよくがんばった。

 

いつだって

新しいこと、前にできてたこと

 

挑戦することは

エネルギーむちゃ使う

 

でも、だからこそ

歯を食いしばってがんばる

 

乗り越えたら

次の時に楽になることを

おれは知ってるから

 

風呂入ってストレッチして

仕事しよ。

 

肉汁ブシャーーーーーーっ!!