ブランディングの話

■情報過多の時代におけるブランドの定義は、それを受け取る人たちが、その価値を感情的に理解、評価して支持するもの。

▶︎どちらでもいい、なんでもいい、ではなく『ここがいい』の感覚

■長期にわたって価値の深まるブランドを作る

■誰に何を感じてこの商品やサービスを手に取ってほしいのか、を突き詰めて考えたコンセプトが必要

■売り手も買い手も、そのコンセプトストーリーごと好きになれるようなものを選び、さらに応援していくという消費構造をつくる

■ブランディングとは、ある商品、サービス、もしくは企業の全体としてのイメージに、ある一定の方向性をつくり出すことで他者と差異化すること▶︎ようは差異化

■差異化とは、『他とはどう違うのか』というブランドの本質的価値をお客様に正しく伝えること

■ブランディングの目的は売ることではない。サービスの価値が『人から人へ自然に伝わる』のが理想

■ブランドを作り出すためには、まず作り手全員が自社を正しく理解することが必須。リサーチは全員で行う

■ブランドコンセプトで重要なことは『わかりやすさ』誰が読んでも誤解なく意味が伝わるようにする

■ネーミングのコツはメンバー全員が気に入った名前にすること

■デザインとはそのブランドの考え方そのもの。ブランドコンセプトを商品やサービス、サイトを見ただけで直感的に理解できるのが理想

■ブランドの成長と共に、デザインも成長させていく必要がある

■プランドの隅々まできちんとデザインされると、ブランドに品格が生まれ始めてくる。細部までの完璧な仕事が、ブランドを成長させるポイント

■売れるブランドは、オープン前から売り切れている

■販売はオンラインでいい。店舗の役割は顧客体験のためにある

■ブランドとは、見え方のコントロールである

■ブランディングにより、売るから売れるにシフトする

■いいブランディングはセールスが一切不要なこと

■ブランドとは、他者と差別化され、かつ一定の方向性を持ったイメージにより、商品、サービスあるいは会社そのものにプラスをもたらすもの。

■ブランドのイメージは、エンドユーザーとのすべてのタッチポイントによって、ユーザーの頭の中で編集されていく

■ブランドはエンドユーザーが思い描くあこがれの世界をリアルに描くことにより、自分もそこにいけるという現実味を感じさせる必要がある

■中小零細企業のブランディングにはストーリーが必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

フレームワークは今持ってるもので十分。

カスタマージャーニー、コンセプト設計、デザインに落として、現場まで。

おれがひとりでディレクションしてるから実現できてる。

 

あとはコンセプト設計から巻き込むこと、これもやってる。

とても重要。外してないことがわかって安心した。

 

まず、大前提として、中小企業がブランディングを必要とするのは、大手に資本では絶対に勝てないからだ。

また売る労力を割けないからだ。

 

ブランディングすることで『売る』から『売れる』へシフトできる。

 

ただし忘れてはならいのが、そもそも商品やサービスをエンドユーザーに認知してもらえなければ、ブランディングの価値は0だ。

 

Bto Cサービスにおけるフローは、

 

⓪マーケティング戦略

⓪メンバーの採用

 

①サービス設計/ブランディング

②マーケティング戦術/戦法

③問い合わせから価値提供までの導線設計

④モニター募集/口コミ

⑤正規サービスリリース

⑥サービス改善

 

の流れなのか。

 

これを一人でやってると思うと、我ながらよくがんばってると思う笑

 

事業が当たるのは

運やラッキーなこともある。

理由が明確でないこともある。

 

でも外すのは理由が明確にある。

絶対負けない。

絶対外さない。

そんな磐石な体制を

時間と労力をかけて育てていきたい。