社会不適合な話

わかってたことやけど、

 

改めて社会不適合やと思う。

 

みんなが笑えてることに笑えなかったり、

 

どういう反応するのが正解なのか、この歳になっても困る。

 

その場にいて、おれだけが一人だけ浮いているような感覚。

 

この感覚はなにも今に始まったことじゃない。

 

物心ついたときから、自分だけがその場にいたらダメなような感覚に陥る。

 

おれのことをよくわかっていない人は、

 

おれのことを人見知りじゃないと言う。

 

でもおれはやっぱり人見知りで、

 

新しい人は苦手だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい人が苦手だから、

 

そういう自分が恥ずかしいから、

 

人見知りの気持ちがよくわかるから、

 

人見知りじゃないフリをしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

とか、そういう、今書いたことすべてが無駄なことだと思う。

 

うまく社会に適合できなくて、

 

いや、社会にうまく適合できないイメージのひとはもっといるよ?

 

それはわかった上で書いてるけど、

 

おれは社会に適合できない上で、社会にある程度適応してる自分を演じてる。

 

それが正しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に、人との距離でいまだに悩む。

 

昔から距離を置いて接するんやけど、

 

それはそれであかんなぁと思うときもあって、

 

距離を一気につめたらそれはそれで嫌われたりして、

 

そういう数百の人間関係の中でちょうどいい距離感を見出したのがいまのおれだ。

 

いまのおれは、自分のペースで距離は詰めない。

 

相手がどれくらい距離を置く人なのか、

 

相手がどれくらいの早さで距離を詰めたいのか、

 

そういうことを自然に。

ごくごく生活の一部として自然に行なっている。

 

でもそれはそもそも、自然なおれか?

 

ちがう。

 

今回はじめてわかった。

 

それはたしかに無意識ではあるものの、

 

何度も何度も人に合わせて行くことで培ってきた無意識。

 

嫌いじゃないけど好きでもなくて、

 

それが生きるのに必要だったからそうしてきただけの話。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、ちょっとした飲み会があって、

 

買い出しに行ったら5000くらい。

 

5人で割ったら1000円くらい。

 

会の終盤に家のホストの子が、なぜかビール買い足しに行って、

 

まとめてお会計したら一人1800円だって。

 

なにがどうなったらそうなるの?

その4000円はなんなの?

 

ねぇ、おしえてよ。

 

こいつなら大丈夫だと思ったの?

こいつなら言わないと思ったの?

 

たしかにおれは言わないけど、

 

お前との縁もこれまで。

さっさと孤独死しろ。

 

資本主義の奴隷が。

 

人間を、人と、自分とずっと向き合ってきてる。

 

おれには人の言葉が、どこから出てるのかが自然に見える。

 

薄汚い子豚よ。

 

お前がたとえ地球が崩壊して餓死しそうであっても、おれはお前を助けない。

 

上辺だけ取り繕った

 

哀れなピエロよ。

 

二度とおれと同じ酸素を吸うな。