じいちゃんの話

父方のじいちゃんの姉ちゃんが亡くなり、葬式に行った。

 

 

 

その姉ちゃんはおれからすると顔も思い出せんレベルの関係性なんやけど、

 

じいちゃん寂しいやろな、と思ったから予定調整して行った。

 

 

 

 

行ってよかった。

 

天理教で、亡くなった人に向けて、短冊みたいな紙にメッセージを書く。

 

横で見てたらじいちゃんはしばらく考えてから、

 

「姉上様、未子の吾郎です。

   可愛がてくれて有難う。」

 

と書いてた。

 

いろいろ思うことがあったんやろう。

 

 

 

 

 

「吾郎」という名前の由来は、五番目に生まれた子という意味だそう。

 

そう。じいちゃんは5兄弟。

 

でも長男は戦死。

長女、次男はすでに亡くなってて、

今回は唯一生きていた次女が亡くなった。

 

ばあちゃんがじいちゃんと出会うまでのことを深く知る人はもうこの世にいない。

 

葬式の合間に、

 

「どんな姉ちゃんやったん?」とじいちゃんに聞くと「優しい人やった。」と答えた。

 

 

 

 

 

 

じいちゃんの親父、おれからするとひいじいちゃんは戦中に製本業を大阪の港区で創業したそう。

 

創業から5年が経ち、会社が軌道に乗ったとき、ひいじいちゃんは亡くなった。

 

そんとにじいちゃんはまだちっちゃかったから、ひいじいちゃんの顔を覚えてないらしい。

 

残されたひいばあちゃんは戦中に女手一つで5人兄弟を育てた。

だからものすごく貧しかったらしい。

 

当時はお金がなければ学校にも行けない時代、当然お金のないじいちゃんは行くことが出来ず、最終学歴は小学校だそう。

 

それでもがんばって勉強して、大人になってから製版業を創業するに至るんやけど、

 

それまで、じいちゃんの姉ちゃんはほんまに優しかったんやろうと想像する。

 

女手一つで5人兄弟。

今でも厳しいやろ。

 

きっとお母さんを助けるために家事もいっぱいしてたやろし、弟であるじいちゃんの面倒もよく見てたんやろなぁ。

 

「優しかった」

 

そう表現するのはなんとなく想像がつく。

 

そう考えると、じいちゃんの姉ちゃんと話しておけばよかったと思った。

 

じいちゃんが子供の頃の話。

どんなことがあって、なにを感じたのかを。

 

じいちゃんがおらな、いまのおれはないけども、

 

じいちゃんの姉ちゃんがおらんでも、やっぱりいまのおれはおらんわけで、

 

そういう繋がりを考えていくとさ、

 

葬式に来たのはじいちゃんのためなんやけど、顔もわからんレベルの関係性ではあるものの、自然とありがとうと感謝してる自分がいた。

 

だからおれは短冊みたいな紙にこう書いた。

 

「おばあちゃん。

   おじいちゃんのお姉ちゃんでありがとう。」

 

と。

 

 

 

 

 

じいちゃん、いつもばあちゃんにビール止められてるんやけど、

 

今日も止められて、「なんでやねん。ほっとけ!」て珍しく反論してた。

さすがに飲みたかったんやろう笑

 

とにかく、最後の最後まで寂しそうやった。

 

お骨が拾われるのをじっと見てた横顔。

 

丁寧に丁寧に、何度も何度も遺影に手を合わせる姿。

 

じいちゃんがなにを感じ、なにを考えてたのかはわからんけど、

 

とにかく別れを惜しんでることはよくわかった。

 

じいちゃんは昔からいっつも笑ってる。

怒ってるとこなんか一回も見たことない。

 

今日、改めて思ったんや。

 

じいちゃんがいっつも笑ってるのは、きっといっぱい辛い経験をして、それを乗り越えてきたんやろな、と。

 

 

 

 

 

 

ひいじいちゃんは30歳で製本業を創業。

じいちゃんは32歳で製版業を創業。

おとんは31歳でマーケティング会社を創業。

 

そしておれも30歳の今年、創業。

法人化しようと準備をしている。

 

受け継がれる血に「商売人」みたいな成分はないと思ってるけど、

 

なにかしら受け継いでいるものが確かにある気もしないでもない。

 

一つ確信してるのは、おれは歴代の中で一番欲張りってことで、

 

自分の幸せなんかは前提。

 

その上で、家族、仲間、友達、ひいては仕事で関わる全ての人たちを幸せにしたいとけっこー本気で願ってる。

 

それがすごく自然体で、無理なく願えてるいまはすごい幸せ。

 

毎日が充実しすぎてて、時間が足りないと感じてる。

 

すべての出会いと出来事に感謝してる。

当たり前なことなんて人生にたった一つもない。

 

おれは30歳。

この歳まで、両家のじいちゃんばあちゃんが元気で生きてくれていること。

 

ほんとうにありがたい。

 

人間の命ってのはこうやって紡がれていくのだろう。

 

いつか産まれてくるであろうおれの孫が、おれの人生に興味を持ってくれるといいなと思う。

 

「ばあちゃんとはどこで出会ったの?」

「なんで会社しようと思ったの?」

「ぼくのひいじいちゃんはどんな人だったの?」

 

そんなことを孫が聞いてくれるようなことがあれば、

 

それはじいちゃんとして最高の幸せじゃねーかなぁ笑

 

まぁだからおれは変わらず、

明日も1日を大切に生きるってことで。

 

なにが変わるとかはないんやけど、

とにかく精一杯生きようと思う。

 

人生は日々の積み重ねでしかないのだから。

 

じいちゃん、生きろ!

f:id:kosuke19880801:20180916010937j:image