さくらももこさんの話

ある人がテレビで言ってた。

 

藤木くんとか、山根くんとか、

『卑屈』だったり、『嫌味』だったり、

人の欠点を面白おかしく表現できるのは、

 

きっとさくらももこさん自身が、そんな欠点を受け入れるような愛情があったんじょないかって。

 

おれも、そう思う。

全てがプラスの人間なんか1人もいなくて、光があれば必ず影もあるから。

 

本当に明るいひとって、自分の中に同じくらいある暗さに向き合って受け入れてるからだと思うし、

 

たぶん、さくらももこさん自身が自分の欠点を受け入れてるから、人の欠点も受け入れられるんじゃないかな。

 

愛のある人。

 

お会いしたことはないけど、まるちゃんや、エッセイや、本で勝手に尊敬してる1人でした。

 

本当に人を愛せる人なんて、滅多に出会ったことなんてなくて、

 

さくらももこさんはきっとそんな1人だったんじゃないかな。

 

同じ時代に生きれてよかった。

 

『普通であることが1番尊い』

 

おれも心からそう思います。

 

生きてる間は楽しく生きよう。

改めてそう思った話

 

備忘録