仲間の話

経験もスキルも、

そんなもんはいらん。

 

というか、いくらでも後から身につけられる。

 

でも、

 

価値観が合うかどうか

熱量が近いかどうか

 

は後付けでは不可能や。

 

 

 

 

おれは価値観はゆるいけども、

仕事に対する熱量は高い。

 

それをちゃんと伝えていかなあかんと思った。

 

『自由な対価は責任』

 

ゆるくやって自由

なんてことは、資本主義の中ではありえへんねん。

 

自由にゆるく生きたければ尚更、仕事には熱量持たなあかんねん。

 

おれは興味のあることには永遠に熱量燃やせるタイプや。

だからこの業界を選んで勝負してる。

 

来週あたり、ウォンデッドリーで採用を出す。

 

ゆるくしなやかに。

でもどこまてストイックに。

 

そんなイメージを言葉に込める。

楽しみや。

 

仲間集めにはおれは絶対に妥協せん。

戒めを込めて。