POLOのひとりごと

日々の出来事と恋愛研究と。

鶴太郎さんの個展の話

還暦の個展にゆく。 よかった。 おれは好きなんだな。 鶴太郎さんの生き方、在り方が。 自分もこう在りたいと自然に思える。 歳は違えど、同じ時代に生を受けていること自体が奇跡的なことで、 それはきっと巡り合わせなんや。 気張って、世の中を良くしよう…

心の在りどころの話つづき

心を奪われないように、 気にしないようにする。 その時点で既に奪われてるのだよ。 まったく。 心をいつもフラットに、ニュートラルに保つのは簡単なことじゃない。 簡単じゃないんやけど、おれはそうなりたいと思う。 いっつもなにかを目指してる。 それが…

心の在りどころの話

心が誰かに奪われてる それが例え好きな人であろうとも、よくない状態だと思う。 負荷がかかってるから。 無理をしているから。 人は変われるけど、変わるのはいつかわからない。 人が変わるのを待つよりも、自分が変わったほうが早い、と考えるおれは合理的…

好きな表現集

秘密のにおいだ。 太陽がもったいぶって傾いていく。 森の奥に隠れる湖のように、透明な沈黙。 美しい人 美しい街 美しい時 声をかけることは心をかけること 金が全てじゃねーが、全てに金が必要だ 健康が全てじゃねーが、健康を失うと全て失う

勇気をくれる漫画の話

あさひなぐ ブルージャイアント ピアノの森 ベック エンジェルボイス 響 ピンポン

すごいことに気づいた話

恋愛において、心が痛むとき、 それはその理由を自分が知ってるときだ。 例えば、好きと伝えて、連絡が既読無視で返ってこないとして、 心が痛むやん? それはでも、ダメなことを知ってるのよ。 知ってるから心が痛む。 自分の描いた理想通りに、現実が進み…

自分を知るということ

あさひなぐ という漫画を読む。 薙刀部の女子高生の話。 おもしろくて引き込まれる。 しょうこは旭が上手くなり試合に勝つことを喜んでた。 それはしょうこが旭を見下してたから。 おれは、しょうこだ。 自分が強く在ろうと願えば、強く在れると信じていた。…